JCZ10月企画のオペラハウス周辺を巡るイベントに参加させて頂いた。歌劇場専属歌手として現役でご活躍中の竹下数雄氏のガイドという贅沢な企画をアレンジしてくれたスタッフの皆さんにまずは感謝申し上げたい。竹下氏のご挨拶後、オペラハウス正面に掲げてある天才音楽家達の石像の説明からスタート。竹下氏の質問にすらすらとオペラの演目を答える方が何人もおられて驚いた。その後、建物をぐるりと周り、練習場、大道具搬入口、衣装縫製室も紹介していただいた。オペラハウスは白亜の壁と黒い屋根のコントラストが美しい建物だが、奥行きがなく内部には無駄な空間は少ない。ドーム型の屋根は瞬時に舞台セットを吊り上げて隠す貴重な空間を兼ねているそうだ。ドミンゴ出演時の様子も同じ舞台に立った竹下氏ならではのリアルなエピソードを交えて話して下さった。近くて遠い存在であったオペラハウスがより身近に感じられ、近い将来少しだけお洒落をして是非観劇で再訪したいと願った。終了後、オペラハウスを眺めながら皆さんと冷たいワインで乾杯!初対面の方と意気投合して次の約束をして帰路についた。本当に楽しい1日だった。竹下さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました!! (KI)