真っ白い雪に眩しい青い空。これ以上はないという散策日和の2月14日。Forch駅からEggまで約8Kmの道程を、お喋りしたり写真を撮ったり、スイス標準タイムの1.5倍ほどの時間をかけて、のんびりとお散歩してきました。
清冽な冬の空気の中、木漏れ日降り注ぐ森やなだらかに広がる雪原等、変化に富む景色を楽しみながら、Pfannenstiel 頂上に到着。前方眼下にグライフェン湖、遠くセンティス山、グラルスアルプスの山々を望み、後方にはチューリヒ湖を一望する絶景に、多くの人が静かに見入っていました。
その後、ラマのお散歩に出くわしたり(!)、のんびりと空に浮かんでいる気球を見上げたりしながら、Egg駅方向へ。最後はカンツィアーニかほりさん宅の庭先で、お手製のスープやフォカッチャの暖かいおもてなしを受け、各自心地よい疲労感を抱いて、家路につきました。夜は全員爆睡したこと間違いなし!
コロナ禍で澱んでいた身体に大量の酸素が染み渡り、心も身体もリフレッシュできた1日でした。時宜を得た企画をどうもありがとうございました。(MS)